まだローンが残っていますか?

まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、ローンの名義人が自己破産ということになると、それらのローンは解約され、住宅、店舗、自動車などは返済に充当するために手放さなければなりません。

ただ、借金の整理といっても自己破産以外はそういったローンの契約は継続し、減額されないというちがいがあります。
その変り、売却して返済に充当することはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。

私は借金をし立ために差し押さえの可能性がでてきたので財務整理を決意しました。

債務整理をした場合はぐんと借金が減りますし、差し押さえを免れられるからです。近所にある弁護士事務所で話を聞いていただきました。家族のような気持ちになって相談にのってくれました。もしかすると、ついお金の借入をする傾向があって、何回まで債務整理をすることができるのだろうと悩んでいる人はいませんか。
一般的には何回でもしてOKです。けれども、一回でも債務整理を経験していてもう一度債務整理をしようとすると、債務を整理にとる方法にもよりますが、本来よりも承認されにくくなることも考えられます。 軽々しく債務整理に頼ろうとするのはやめておきましょう。

債務整理は時間がかかるものですから、すべての手続きがしゅうりょうするまで、数ヶ月はかかります。

けれども、この数ヶ月の間に金利や延滞損害金が増えるといったことはありません。仮に、任意整理や個人再生をして債務の負担が減った場合も、一部の債務が残るでしょう。

この返済分については、利息がつくことはありませんが、万が一、返済が遅れてしまうと、延滞損害金と一緒に請求され、一度にすべての支払いをもとめられるケースもありますからきちんと返済するようにして下さい。 借金が払えない