家族への影響が心配な方へ

原則、一個人として債務整理が行なわれるため、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。

けれども、その例から漏れるものもあり、専業主婦の配偶者が借金の整理をし立とすると、クレジットカードを停止されるかもしれません。

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。それだけでなく、同じ住所に住んでいる家族が新しくカードを造ろうとすると審査をクリアできないことも考えられます。

債務を整理をしたことの記録は、ある程度の期間残ります。

この情報が保持されている期間は、借金が不可能になってしまいます。

情報は何年か経過すれば消去されますが、それまでは誰もが閲覧できる状態でのこされているのです。任意整理による債務整理では、返す時に延滞金や将来利息のカットを受ける事ができます。

けれども、元金を減額してもらおうとすると、ハードルは高いでしょう。担当の弁護士や司法書士が上手に交渉を運べば万一減額の可能性もあるでしょうが、元金の減額を受け入れた場合、確実に債権者が損をするので、余程の事情がなければ了承されないでしょう。

債務を整理は総じて自ら手続きする事ができるものの、そのやり方が一筋縄ではいきません。

それから、任意整理の場合は債権者との直接的な交渉も入ってくるので、ずぶの素人を相手にしていることが知られると厳しい交渉となることもありえます。 費用がもとめられますが、弁護士か司法書士に引き受けてもらう事が首尾よく手続きを行なうには一番です。

費用の相談は法テラスで聞いてもらう事もできます。

借金 時効 中断